トップページ > ブログ > 保釈率上昇

ごあいさつ

2015 9月一覧

保釈率上昇

こんにちは。
豊田シティ法律事務所の弁護士米田聖志です。

被告人の保釈率上昇

最近は、被告人の方の権利意識の向上もあり、接見にいくと「保釈で出たいので、保釈申請お願いします!」といわれることも多いです。

たしかに、最近は保釈申請して認められる確率が高くなった気がします。
直近でいえば3回やって3回とも通りました(1件は、執行猶予中の犯罪でほぼ確実に刑務所という事案で難しいかなと思いましたが、なんとか通りました)。

「保釈をほとんど認めず勾留を長引かせる『人質司法』と批判されてきた日本の司法制度だが、裁判員裁判の導入などを機に、法曹界の意識改革が進む傾向が表れた」と書かれていますが、人質司法といわれる日本の司法制度は悪名高いので、少しでも改善されるとありがたいですね。

最近は、一般社団法人保釈支援協会という保釈金を立て替えてくれる制度もあり、この制度も保釈請求が増えた理由だと思います。
ただ、この保釈支援協会の手数料は、けっこう高いので(計算すると消費者金融より高いことも)、冷静に考える必要はあります。

それでも頼む人は多いですね。勾留で代用監獄にいるより、外の世界で普通の生活ができるということのありがたさということなんでしょう。
ただ、保釈されたらされたで、基本的に3日以上の旅行や海外旅行等はできないですし、公判期日には必ず出席する必要があるので、注意が必要です(破ると○百万という保釈金を没取されてしまいます)。

司法試験合格発表

こんにちは。
豊田シティ法律事務所の弁護士米田聖志です。

司法試験合格1850人 予備試験通過者が初の1割超え

昨日、司法試験漏えい問題があるなか、司法試験の合格発表がなされました。
予備試験通過者が初の1割超えということで、やはり予備試験組は強いですね。

5月までいた事務所に予備試験合格者が修習に来ていましたが、やはり優秀ですし、四大事務所にも早々に内定をもらっており、まさにエリートという感じでした。
前の事務所は一般民事中心だったので、修習しても渉外業務にあまり関係がないな、と思いながら指導してました。社会勉強という程度かもしれませんが。

例の明大教授ですが、女子学生に恋愛感情があったとの供述をしているようですね。
やはり、問題をつくる教授が学生を教えるという構図に問題があるように思います。
学者を入れないことが事実上難しければ試験委員は、法学部教授にとどまり、ローでは教えないというように変な感情がわかないような制度が必要な気がします。

司法試験を目指して一生懸命みんなやっていますので、教授からしてもなんとか合格させたいと思う場面が出るのも理解できます。
モラルに頼るしかない現状よりも、性悪説をもとに制度設計をした方がいいと思います。

合格された方は、これから修習ですね。
あっという間ですし、弁護士になってからもっと修習でいろいろ聞いておけばよかったとか思うことが多いので、積極的に修習していただければと思います。
多少図々しくても許される1年ですしね。

日弁連野球大会

こんにちは。
豊田シティ法律事務所の弁護士米田聖志です。

先週末は、札幌に行き、日弁連野球大会の予選に参加していました。
私は、愛知県弁護士会の野球部に参加しておりまして、毎週末に4時間ほど練習をしています。

そして、全国に弁護士会チームがありますので(確かに30チーム位はあったと思います)、本大会に出場できる8チームになるべく予選が行われているのです。
わが名古屋チームは、札幌で、神戸、札幌、旭川、名古屋の4チームという組み合わせでしたが、第一試合対旭川23-1、第二試合対札幌2-0で無事本戦出場を決めることができました。

特に札幌戦は、終盤まで0対0の接戦で、どちらが勝ってもおかしくない試合でした。
終盤に2点とることができ、なんとか勝利できましたが、冷や冷やでした。。
本大会は8チームしかでれませんので(開催地チームが1あるので実質7チーム)、予選は毎年厳しいです。

甲子園球児がいるチームもありますし、思ったよりレベルが高いですので、しっかり練習しないとすぐに負けてしまうと思います。
とりあえず、本大会にでれることになりましたので、全国優勝目指してがんばりたいと思います!

司法試験問題漏えい?

こんにちは。
豊田シティ法律事務所の弁護士米田聖志です。

漏えいか  明大法科大学院教授が教え子に

とんでもない事件が起こったようです。
公平・公正が強く要求される司法試験において、漏えいは絶対にあってはいけないことですよね。
自分も行政法の司法試験問題が慶応ローの教授が漏えいした疑いがあったときにロー生だったと思いますが、学生としてはこんなので合否が変わっては納得がいかないと強く思ったものでした。

教授が20代の女性に可愛さのあまり教えてしまったのかどうかわかりませんが、司法試験委員たるもの、公正公平な試験の実施だけは絶対に守らないといけないことでしょう。
前回の慶応ローの行政法のときは、補習授業か何かで多くの学生が漏えい問題を聞いた可能性があったので、他のローであった自分はものすごい不公平感を感じたものです。
しかも因果関係の立証は難しく、司法試験の点数の補正等は行われませんでした。

前回の事件もあったはずなのに、こういうニュースが起きるとは今年の受験生の気持ちを想像するに許せない気持ちが強いですね。
もし、ギリギリ不合格であった受験生は、後悔してもしきれないでしょう。
再発防止を強く祈ります(最後は専ら試験委員のモラルにかかっていると思いますが)。

近く合格発表なのに何してるんでしょうね。

稲門会

こんにちは。
豊田シティ法律事務所の弁護士米田聖志です。

早稲田大学のOB、OG会組織として稲門会がありますが、豊田市にはありません(名古屋には当然ありますが)。
愛知県第二位の人口をもち、愛知県第一位の面積を持つ豊田市に稲門会という同窓会組織がないのはおかしい!という声があったそうです。

ということで、豊田稲門会の設立準備会というのが立ち上がり、昨日私も参加させていただきました。

トヨタ自動車野球部の佐竹投手、小島選手も参加しており、太田豊田市長も参加しておられましたし、豊田市役所職員も大勢参加されてました。
知り合いもいなかったのですが、声をかけていただいたので参加してきました。久々に校歌を歌ったり、懐かしい話を聞けたりで楽しかったです。

豊田市内にもこんなに早稲田大学出身者がいると知り、もっと皆さんと打ち解けて仲良くさせていただきたいなと思いました。
話していてビックリしたのが、豊田市役所の職員には、会社員等社会人経験を何年か積んで途中で入所される方も結構多いということです。

給料は減ったけど、自分の時間が増えたので、子育てやジムなど充実しているという話もあり、自由業の身からするとうらやましい面も多かったですね。
次回正式発足のようなので、そのときも参加してみたいと思います!

  • calendar

    2015年9月
    « 8月   10月 »
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    282930  
  • categories

  • selected entries

  • archives

  • profile

    豊田シティ法律事務所
  • メタ情報

  • mobile

    QRコード
  • お問い合わせ

    ご相談のご予約受付時間  9:00~17:00

    メールでのご予約
    0565-42-4490