トップページ > ブログ > LCC

ごあいさつ

2019 4月 12一覧

LCC

こんにちは。
豊田シティ法律事務所の弁護士米田聖志です。

さて先週福岡に行ったのですが、行きはANA、帰りはジェットスターでした。
ANAは、搭乗手続に間に合わなそうであれば、スタッフが手続を速めてくれたり、場合によっては走ってくれたり、そういうサービスに自分も慣れていました。

その流れで帰り福岡空港に搭乗時間の1時間半前に到着したので、知人ともつ鍋を食べました。
せっかく福岡にきたのだからもつ鍋をはじめとする郷土料理に舌鼓を打っていたところ、あっという間に1時間ほど経過してしまいました。

ANAの搭乗手続〆切は20分前までだったので余裕かなと思いながら、ジェットスターの搭乗手続をしようとしたところ、出発時刻27分前だということで「搭乗できません」と冷たく言われてしまいました。何を言っても「時間を過ぎたら搭乗はできません」と冷たくいうのみ。
結局、博多でホテルを急遽とり、次の日の朝帰りました。

今回、思ったのは、ANAのサービスは、素晴らしいということと、ジェットスターのシビアさです。
ジェットスターは、30分前の搭乗手続が必須で、1分でも遅れると、NGみたいですね。
それだけでなく、荷物の個数(手持ち2個、7㎏までとか、預けるのは15㎏未満までとか厳しいです)とか座席指定とかいろいろ厳しいですし、どんどん金額が加算されていきます。

荷物の重さも少しでもオーバーすると追加料金数千円など当たり前で、座席指定でも追加料金。
追加料金とかになってくると、最終的にANAと変わらないではないかと思うようなケースもあり、少しの差ならANAにするようにしています。

あのスタッフの冷たい言い方は、忘れられないですね。
規約をよく読んでいなかった自分が悪いのでしょうが、もう乗りたくないなと思いました、そのときは(自分らの他にも同じような人がいて、渋滞で3分遅れたからという小さなお子様を抱っこ紐でおぶっているお母さんもいましたし、若い女性二人組などもいました。このように自分らの他にも少なくない人数が同じ目に遭っていました)。
ホテル代と帰りの交通費が余分にかかってしまった週末でした。それだけでなく、シェーバーも用意していないし、下着も用意していないし、充電器も用意していないので、本当に大変でした。

いつも当たり前だと思っていたANAのサービスが当たり前ではなかったことがわかっただけでも収穫でしたし、少し高くてもANAがいいなとか思いました。
いずれにしろLCCは、いろいろシビアなところがあるので気を付けないといけませんね。

お問い合わせ

ご相談のご予約受付時間  9:00~17:00

メールでのご予約
0565-42-4490