トップページ > ブログ

ごあいさつ

DaiGo氏炎上

こんにちは。
豊田シティ法律事務所の弁護士米田聖志です。

さて、メンタリストのDaiGo氏が自身のYouTubeチャンネルで、「自分にとって必要のない命は僕にとって軽い」「ホームレスの命はどうでもいい。いない方が良くない?」などと発言し炎上しているようですね。

8月16日放送の『辛坊治郎ズームそこまで言うか!』(ニッポン放送系)に、落語家の立川志らく氏が代打出演を果たし、そこでメンタリストのDaiGoの差別発言の話題となったようです。

謝罪動画を投稿するも炎上は止みそうにないみたいで、DaiGo氏が出演するCMが放送自粛となるなど、仕事への影響も生じているとのこと。
志らく氏は「メンタリストのDaiGoさんも泣きながら謝っていたんで、これ以上我々が責めてもしょうがないんだけど」と前置きをしつつ、「人間の命は平等じゃないって言い方をしたでしょ。確かにそういう部分はあるんですよ。赤の他人の命と自分の家族の命。どっちが大事だって言われたら、そりゃ自分の家族の命の方が大事ですよ」と前提を確認。

続けて、「それであの方は猫の方が大事って言っちゃったわけでしょ。だけどね、そういう生活に困っている方、ホームレスの方にとっては自分の命が一番大事。あの方の猫の命、家族の命と同じで、自分の命が大事。だから命というのが平等だという。その根本的なことがわかっていない」とDaiGoの発言をバッサリと切り捨てたようですね(たしかにその通りだと思います。他人のことを考えて行動できることが「誠実」ということだと思うので、DaiGo氏は「誠実な人ではない」ということに自分の中ではなります)。

志らく氏は「そりゃ自分の命の方が誰よりも大事なことはわかってるんだけど、そうじゃなくて客観的にね。命が同じだと言ってるのに、税金もたくさん払ってるんだから文句言うなみたいなね。自分だって今回のことで仕事を失ってね、まだ貯金はあるだろうけど、(周りは)もう仕事頼まないですよ。それで自分がお金無くなっちゃったら、生活保護や何かで助けてもらわなきゃいけないんだから。その時にようやく気がつくんじゃないんですか」と厳しい姿勢を見せたようですね、番組では。

以上がライブドアニュースを引用して記載しましたが、イメージのダメージは大きいでしょうね。
最近テレビでみないのは、「誠実な人ではない」からなのかな。

「お互い様で、おかげ様」って言葉がありますが、そういう謙虚な気持ちでいたいですね。

有村昆さんのニュース

こんにちは。
豊田シティ法律事務所の弁護士米田聖志です。

映画コメンテーターの有村昆さんと丸岡いずみさんが離婚したニュースは目にしてましたが、有村さんが16日、フジテレビ系「バイキングMORE」に生出演し、フリーキャスターの丸岡いずみさんとの離婚について語ったようです。
以前は、日曜日昼の上沼恵美子さんと高田純次さんの番組にも出ているのをよく目にしましたが、最近はめっきり目にしなくなりましたね。
(カラテカ入江さんの清掃会社でバイトしているそうですが、入江さんもいろいろありましたね・・・)

 

(以下、引用)


ダークスーツ姿で登場した有村は神妙な表情で「きょうはお願いします」と切り出した。有村はバーに勤務する女性とデートし、ラブホテルに行ったものの“未遂”に終わったと報じられた。

MCの俳優・坂上忍に「こういうバーに行ってたの」と質問され、「実は行ってなくて、そのキャストの方にSNSで連絡してしまった」と説明。坂上に「男女の関係にはなってない」と確認されると、「事実です」と認め、「よこしまな気持ちはありました」と下心も認めた。

その後に「合コン大好き」という報道も出たが、これについても「一時期よくやってました。夫婦関係もギスギスする時期もあった。仕事のストレスも発散するイージーな方法、短絡的な情けないどうしようもない行動」と反省を交えて認めた。坂上が「未遂以外も」と踏み込むと、「中には受け入れてくれた人もいなかったわけではない。最低だと思います」と“ラブホ未遂”以前に、本当の不倫があったことも自白した。

有村は7月29日に都内区役所に離婚届を提出し、丸岡と協議離婚。長男(3)の親権は有村が持ち、育児は協力して行うとしている。


 

丸岡いずみさんと離婚について、有村さんは「僕が彼女を傷つけた。切腹ものである」と述べていますが、そうであれば親権がなぜ「有村さん」なのか疑問ですね。この言い方についてもネットではいろいろな批判が出ているようです(ネットは様々な意見があり、厳しい意見もありますね)。

人生山あり谷ありであるということで、前に進んでいくしかないでしょうね。
いずれにしろ、お子さんについては二人で協力して育てていってほしいと思います。

夏期休業について

こんにちは。
豊田シティ法律事務所の弁護士米田聖志です。

8月に入り、五輪も終わりました(これから夏の甲子園がはじまりますね)。
各地で猛暑日で熱中症といったニュースも目にするようになりました。

お盆の営業ですが、8月12日(木)~8月15日(日)はお休み(夏期休暇)とさせていただきます。

メールによるお問い合わせはできるだけ対応致したいとは思いますが、状況によっては難しいかもしれません。
よろしくお願い致します。

金メダルかじった河村市長にアスリートから非難の嵐

こんにちは。
豊田シティ法律事務所の弁護士米田聖志です。

名古屋市出身のソフトボール後藤選手が8月4日、河村たかし名古屋市長を訪問して金メダル獲得を報告したところ、河村市長が後藤選手からメダルをかけてもらった際に突然かじり、周囲をあわてさせた、とニュースにありました。
SNS上に「非常識だ」などの批判コメントが多数書き込まれたほか、市役所にも「感染対策を訴えているのにいかがなものか」「選手に失礼だ」などの苦情が数多く寄せられたといいます。

当然ですよね。
品がないし、何様という気がします。恐れ多いことだと思うのが普通だと思います。

柔道60キロ級で金メダルを獲得した高藤直寿選手はツイッターに「動画見たけど、『カンッ』て歯が当たる音なってるし。自分の金メダルでも傷つかないように優しく扱ってるのに、怒らない後藤選手の心の広さ 凄すごすぎ。俺だったら泣く」と投稿。フェンシング元日本代表の太田雄貴さんは「選手に対するリスペクトが欠けている上に、感染対策の観点からもセレモニーさえも自分自身やチームメイトでメダルをかけたりしたのに、『 噛む』とは。ごめんなさい僕には理解できません」と非難しました。

ネットでも、

最初、ニュースで聞いた時は噛むふりをしたのかと思っていたが、ガッツリ噛んでるやん!今回の事だけではなく、この人本当に頭おかしいんちゅか?名古屋市民もよく再選させたなあ。ホント、不思議だ。

とか

素晴らしい市長を選んだ名古屋市民。名古屋のホコリ。

とかありますね。専門家からは「常識のレベルを超える」との見解もあったようです。

河村市長は「かじる行為は最大の愛情表現だった。金メダル獲得はあこがれだった。迷惑をかけているのであれば、ごめんなさい」とのコメントを出したようでうが、元プロサッカー選手の武岡優斗さんは「愛情表現とは?????見苦しい言い訳過ぎて…迷惑どうのこうの問題じゃない」と批判してます。

これも同感です。
迷惑をかけているのであれば、って表現自体自覚ない証拠ですし、愛情表現の意味がわからないです。
ここで大事なのは、相手がどう感じているか、であって、河村市長の愛情表現ははっきりいってどうでもいい。

リコール問題でもかなり評判下がったですが、今回の件はなおさら評判下げそうですね。
自分の高校の先輩なんですけど、はっきりいって恥ずかしいです。

マイナンバーカード

こんにちは。
豊田シティ法律事務所の弁護士米田聖志です。

行政手続のオンライン化が進んでおり、政府もマイナポイントを付与したり、マイナンバーカードの普及に躍起ですね。
国や地方自治体への各種申請・届出や、年末調整に必要な控除証明書等データの一括取得など、行政手続の原則オンライン化が進み、本人確認手段としてマイナバーカードが必須のアイテムとなってきます。

たしかに、マイナンバーの提示と本人確認が1枚のカードでできたり、顔写真付きの本人確認証明書として使えたり、住民票の写しなど各種証明書をコンビニで取得できたり便利な一面もあります。

その他にも令和3年10月からは、健康保険証として使用できたり、令和4年度からはパスポートの電子申請ができるようになったり、令和6年度末には運転免許証との一体化も予定されていますので、持ってると便利ですし、マイナンバーカードがあれば、「マイポータル」(政府が運営するオンラインサービス)を利用することができ、パソコンやスマホから「児童手当現況届」など居住地域の行政サービスの手続ができたり、さらに便利になります。

マイナポイントの付与があるうちに取得しておくといいかもしれませんね。

古い投稿へ

新しい投稿へ

お問い合わせ

ご相談のご予約受付時間  9:00~17:00

メールでのご予約
0565-42-4490