トップページ > ブログ

ごあいさつ

自動車保険、弁護士が受けたくない損保を実名暴露

こんにちは。
豊田シティ法律事務所の弁護士米田聖志です。

交通事故については、これから減っていくとは思いますが、現在ではまだ事故はたくさん起きています。
以前は、弁護士費用特約などがなかったので、少額の物損事故などのケースでは、弁護士に依頼すること自体がためらわれた事例がけっこうあったように聞いております。

ただ、最近は、弁護士費用特約というものが自動車保険に付保されることが増えて、少額の事故の場合でも弁護士を利用できることになりました。
この弁護士費用特約については、日弁連とLAC協定を結んでいる保険会社に対しては、その基準で進めることになるのですが、その基準を正しく理解していない担当者も多く、基準に従った請求なのに難癖(報酬を下げるような方向で)を付けられることもあります。
基準があるのになんでと思いますが、理解していない担当者なので、こちらも時間がとられます。

LAC基準というのは、報酬の基礎となる経済的利益の考え方が厳しめで、弁護士にとっては低めの報酬になりますが(裁判などになるケースでは時給300円程度になるケースも中にはあります・・・)、基準どおりにやることで報酬などについて時間短縮になるのがメリットになります。なので、基準を理解していない担当者と話すと余計な時間がとられてしまいます。

下の記事にあるのは、ある意味リアルな弁護士の声で、そう外れてないと思いますね。
アクサについてはよくわかりませんが、SBI損保さんはLAC基準より低い基準があり、それでは弁護士としても難しいので断っている弁護士は多いと思います(赤字になるからやらないという感じでしょうか)。
ソニー損保さんは、LAC加盟社ですので、基準どおりだと思いますが、下の記事にあるのは「基準を理解していない担当者」なんでしょうね。
基準を理解していない担当者にあたると、弁護士としても無駄な時間をとられるので、きちんと基準を理解した担当者にして欲しいというところが本音でしょうね。

ほとんどの保険会社は、LAC加入なので弁護士が断ることないと思いますが、SBIさんのような独自基準のところは断る弁護士もいるかもしれません。


以下、ヤフーニュースより引用。

突然、事故に遭う。自分に過失はないはずなのに、加害者側の提示してきた賠償金は雀の涙……。そんなとき、保険を使って無料で弁護士に相談できるのが「弁護士特約」だ。

「いまやほとんどの自動車保険につけることが可能です。自分が事故の被害者になり加害者側に賠償を請求する場合や、互いに過失のある交通事故で過失割合に納得できない場合、弁護士に相談します。その際の相談料や着手金など、弁護士費用を最高で300万円まで負担してくれる特約です。年額2000円程度のオプションなので、契約者は年々増加しています」(業界紙記者)

法律のプロに実質無料で任せられるなら、これほど心強いものはない。ところが「一部の保険会社の案件はお断わりしています」と明かす人物がいる。年間30件以上の “弁護士特約案件” を受任するという弁護士・X氏だ。

「具体的には、アクサ損保さん、SBI損保さん、ソニー損保さんですね。実際に何件もお断わりしています」

そもそも、弁護士特約を利用する際は、保険会社に弁護士を紹介してもらう場合と、自分で弁護士を探す場合の2つがある。そして後者の場合、弁護士に支払われる報酬は、事件がすべて解決した後に各保険会社が定めた基準に従って算定されるため、事前に弁護士にはその額がわからない。弁護士が仕事を “お断わりする” というのは後者の場合だ。

「正直、この3社は弁護士報酬が安いんです。特に、少額の物損事故の場合、弁護士が赤字になる場合もあります。腕が立つ人気の弁護士ほどこうした “安い” 損保からの案件は避けるため、仕事がない独立したての弁護士などが受任することになります」

弁護士特約が使われた場合、損保側が弁護士に支払う報酬には、日弁連が定めた「LAC基準」と呼ばれる基準が存在し、法曹界では最低限度の目安として扱われている。

「LAC基準には、2つの料金体系があります。ひとつは、着手金と報酬金を合算するシステム。もうひとつはタイムチャージと呼ばれる時間制報酬システム。前者の場合は、まず最低着手金として10万円いただきます。そして報酬金は、少額事故の場合は『経済的利益』の16%です。

『経済的利益』とは、たとえば加害者側が20万円の賠償金しか提示してこなかった場合に私が弁護士として活動をして30万円にできたとすると『10万円を勝ち取った』といえますが、この10万円が『経済的利益』になります。

この16%なので1万6000円が報酬金になります。着手金とあわせ税抜き11万6000円が総合的な報酬です」

手紙一通ですむ案件なら十分な報酬だが、実際には被害者への聞き取りや、場合によっては事故現場の検証など、膨大な手間暇がかかる。

「その場合はタイムチャージで報酬を計算します。1時間2万円が基準額とされているので、先ほどの例でいえば、6時間以上かかればタイムチャージのほうが “得” になるんです。何千万円の高級車を壊されたとか、高額な案件なら前者でもいいですが、低額であればあるほどタイムチャージが必要です」

だが、前出の保険会社のなかでもアクサ損保と、SBI損保では、タイムチャージが設定されていない。

「そうなると、お受けできませんよ。それに、たんなる料金設定の問題だけじゃないんです。アクサ損保はタイムチャージがないだけですが、SBI損保やソニー損保は経済的利益の設定額まで値切ろうとしてきて揉めることがあります。担当者にもよるとは思うのですが、弁護士仲間のあいだで、よくない評価です」

3児のママ小倉優子 早大受験を決意

こんにちは。
豊田シティ法律事務所の弁護士米田聖志です。

3人の男の子を持つタレント・小倉優子さん(38)が21日、TBS系で放送された「100%!アピールちゃん」にVTR出演して、早稲田大学受験を目指すことを決意したそうです(自分も早稲田出身なのでこのニュースに驚きました)。

小倉さんは高校時代に芸能界入りし、子供に勉強を教えたいが、逆に間違いを指摘されることもあるということです。

「私は何も知らない、分からない」と知識へのコンプレックスを明かし、「今だから学びたい、20年前とは違う。(勉強期間も含めて)この5年間頑張ったら、この先の人生が絶対違うと思えて」「大学を目指してみようと」と大学受験を決意したとのこと。

番組では、昨年放送された「ドラゴン桜2」(TBS系)で監修に携わった現役東大生・西岡壱誠さんが中心となった“チームドラゴン桜”が勉強法を伝授することも発表されました。
西岡さんは「教育学部は4択」ということで、早大教育学部受験を提案。1週間で最低15時間勉強することが必須とされ、小倉は「頑張ります!」と意気込んだとありますが、最低1日2時間以上というのは3人の子育て(ワンオペ?)しながらだと本当に大変だと思います。
ドラゴン桜メソッドがどこまで通用するかも見所です。

「小倉優子、早稲田大学への道」という密着企画として受験までの道のりが放送されるそうですが、過去の同様の企画は多くが失敗しているのではないかと記憶しています。小倉さんは果たしてどうでしょうか(合格したら後輩になるので、頑張って欲しいですね)。

小倉さんは21日、インスタグラムに20年7月に誕生した三男(1)を抱っこした自撮り写真を投稿し、「1年後に大学受験を目指すことにしました!!!!」と報告し、すでに勉強を開始して1カ月たったことも明かしたようで、来年の受験が本番になります。
早稲田はいい大学なので、頑張って欲しいです!

何かにチャレンジしている人のニュースは、いいですね。
自分も頑張ろうという気持ちになれます。

ロボット

こんにちは。
豊田シティ法律事務所の弁護士米田聖志です。

先日、「ステーキの宮」に家族で行ったら、水とフォーク類を運んでくるのが「配膳ロボット」でした。
ぶつからないように音を少し出しながらゆっくり進んでいきます。
よく出来ていて、事故などは起きなそうな感じでしたね。

技術の進歩は早いですね。
労働力不足が叫ばれて久しいですが、たしかに水とフォーク類の配膳ならロボットでもできます。

弁護士業界もAIによる契約書チェックなどの技術が出てきていますが、世の中はどんどん進歩していきますね。
ただ、弁護士の仕事はすべてオーダーメイドなので、劇的に変わることはないだろうと思います。

職人が鞄を丁寧に作るように、弁護士も一件一件丁寧に仕事をしていきたいと思っています。
AI裁判官などが出てきて、提訴前に勝率を確認できるなどできれば、興味がありますけど、無理でしょうね。。

明石市

こんにちは。
豊田シティ法律事務所の弁護士米田聖志です。

ネットみていたら、明石市の予算について称賛の声が上がっているようですね。
明石市といえば、泉市長(弁護士出身)。
弁護士の職員を積極的に募集したり、子育て世代に手厚い政策を実現し、人口が増えているとか。
素晴らしいですね。

以下、泉市長のツイッターより。

明石市の予算案。
いわゆる大型の“目玉施策”よりも、
社会的支援の必要なところへの様々な“目配り”を重視した。
①『生理用品』の市立すべての小中高のトイレへの常備
②『養育費』の「3か月分の立替払」や「給料の差押支援」
③『給付型奨学金』や無料学習支援など
明石市は、市民に寄り添い続ける。

豊田市も素晴らしい市長だと思いますが、明石市も素晴らしいですね。
これらは、なかなか実現できないですよ。
困っているシングルマザーの女性は大勢いると思いますので、救われるだろうと思います。

ただ、これは他の市でも弁護士に依頼すればできることなので、明石市以外の方は弁護士に相談しましょう。
(但し、調停調書とか執行認諾付公正証書でないといけませんが)

パシュート

こんにちは。
豊田シティ法律事務所の弁護士米田聖志です。

北京オリンピックのスピードスケート女子団体追い抜きの決勝が15日行われ、日本はスタートからリードを奪っていましたが、最終コーナーで最後尾を滑っていた高木菜那選手が転倒、カナダに逆転され、つかみかけた連覇がこぼれ落ちた、というニュースがありました(銀メダル)。

高木菜選手は立ち上がって、ゴールイン。
ベンチで顔を覆って泣き崩れる高木菜に、佐藤綾乃選手と高木美帆選手、さらには出番のなかった最年長、29歳の押切美沙紀選手が寄り添い、慰める姿がみられ、それに対する慰めのコメントなどで感動的な話になっていますね。

ニュースでみましたが、涙が出るということはそれだけの思いでやっていたということ。
カナダともほとんど差が無かったし、ギリギリの最終コーナーだったということだったんでしょうね。
スポーツにミスはつきもの。
野球だってエラーはつきもの。わざとじゃないので仕方が無いです。

妹の美帆選手の「後半の戦いになる前に、もっとチームにリズムを作ることができたんじゃないかという思いもある」といったコメントや
佐藤綾乃選手の「自分にもまだまだできた部分はあったんじゃないかと、ちょっと悔いが残ったレースになってしまった」というコメントがまた泣けますね。銀メダルだったけど、金メダル以上の感動でした。
お疲れ様でした。まだ、次があるようなので頑張って欲しいですね。

古い投稿へ

新しい投稿へ

  • calendar

    2022年5月
    « 4月    
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031  
  • categories

  • selected entries

  • archives

  • profile

    豊田シティ法律事務所
  • メタ情報

  • mobile

    QRコード
  • お問い合わせ

    ご相談のご予約受付時間  9:00~17:00

    メールでのご予約
    0565-42-4490