トップページ > ブログ > 裁判員裁判

ごあいさつ

2017 11月一覧

裁判員裁判

こんばんは。
豊田シティ法律事務所の弁護士米田聖志です。

最近、裁判員裁判の事件を1年近く担当していたのですが、裁判員裁判が無事終わりました。
裁判員は、一般の人でとても興味深く審理をしてくれていたと思います。

裁判員裁判は、記録の量も多いため準備が大変でしたが、なんとか終わってホッとしています。
裁判員裁判は、日中ずっと裁判所にいる必要があるため、他の仕事に支障がでており、今その後始末に追われています。

しかし、市民の方が実際に裁判を担当するというのは、緊張もしますが、いいことだと思いましたね。
普段はニュースで、なんとなく見る事件について、予断を排除したうえで証拠だけから判断する、なかなかできそうでできないことだと思います。
判決は、あくまで1審ですが求刑の1/3となるなど成果はあがり、家族も大変喜んでくれました。加害者側の家族というのは刑事裁判では大変辛い立場になります。
今回は被害弁償などで被害者に報い、判決で加害者家族に報いることができたので、大変よかったなと思います。

被告人にお金がなく被害弁償もできずに被害者に多大な苦痛を与えたまま何もできない事例や、被告人の刑が思いのほか下がらず加害者の家族に顔向けできない事例もありますから、今回はよかったと思います。

お問い合わせ

ご相談のご予約受付時間  9:00~17:00

メールでのご予約
0565-42-4490