トップページ > ブログ > あと2ヵ月

ごあいさつ

2016 10月一覧

あと2ヵ月

明日から11月に入ります。
もう今年も残り2ヵ月って、早いですねぇ。。
街角はハロウィンから早くもクリスマスモードになった感じがします(豊田市駅前のペデストリアンデッキでもイルミネーションの準備が進んでいます)。

私としては、10月から開始した週1回の非常勤裁判官(民事調停官)の仕事が新鮮であり、かつ大変でもあるという状況です。
調停が一日に10件以上ある日もあれば、3件程度の日もあり、忙しさに差があります。

調停成立の場面ももう数回経験しましたが、オリエンテーション等もないため、自分が調停に関与したときのことを想像して行っています。
(あとで書記官さんに、こうした方がよかったと指摘されることもあります)
今は、まだ手探りですので、多少ぎこちなくても仕方がないと割り切っていますが、早く慣れたいですね。
今のところ、弁護士業に影響を与えることは全くないので、安堵はしています(ただ、ウィークデーの帰宅時間が格段に遅くなりました)。

さて、11月はあとは殺人事件の裁判員裁判があります。
ハードな日程ですが、なんとか乗り切りたいと思います。マスコミから電話があったり、裁判員裁判では傍聴人がたくさん来ることが予想され、今からけっこう緊張したりしています(新聞にも大きくのった事件のため)。

あと2ヵ月毎日目の前の仕事に没頭していると、あっという間に年末年始なんだろうなぁ。時のたつのは早いですね。
クライアントの皆さまがよいお年を迎えられるようにラストスパートでがんばっていきたいと思います。

黒田投手引退

こんにちは。
豊田シティ法律事務所の弁護士米田聖志です。

今年の日本シリーズは、広島と日本ハムという共にリーグ優勝チームでした(個人的には、クライマックスシリーズはペナントレースの価値を下げるものであまり好きではありません)。
そして、広島カープから、200勝投手の黒田投手が今シーズン限りで引退することを表明しました。

広島は、緒方、前田、江藤、黒田、北別府とFAに頼らず自前にいい選手をたくさん育ててきており、好きなチームですね。
中日も、今は苦しくとも自前でたくさんいい選手を育ててほしいものですし、記憶に残る日本シリーズを戦ってほしいものです。

黒田投手は、メジャーでまだ活躍できていたのに、広島にきました。メジャーですと、たくさんの契約金も入ることでしょう。
それを蹴っての日本球界入り、男気と言われました。

黒田投手は、日本に戻ってくるときに2年位で日本で引退することを決めていたのではないかと個人的には思っています。
毎年、戦力外がたくさん出て、家族を支えるために志半ばで引退する人も多い中、40を超えてまでプレーでき、そして引退も発表してカッコよく辞めるということは、本当にスゴいことです。

残り少ない野球人生(日本シリーズで1試合程度ですかね、登板は)、是非頑張ってほしいものです。
今年は、DeNAの三浦大輔投手も引退し、野球ファンとしては寂しい面もありますが、お疲れ様という意味も込めて最後まで応援してあげたいと思っています。

(非常勤裁判官の)辞令書をもらいました

こんにちは。
豊田シティ法律事務所の弁護士米田聖志です。

いよいよ非常勤裁判官(民事調停官)の辞令がでましたので、職務開始です。
毎週1日は、事務所を留守にしますが、事務員増強等の手段で乗り切りたいと考えています。

クライアントの皆さまにご迷惑をおかけしないよう全力を尽くす所存ですので、よろしくお願い致します。
この非常勤裁判官という経験が、弁護士としての知識、経験を一段と増加させ、ひいては依頼者様の利益になると信じています。
今後ともよろしくお願い致します。

(登庁初日から、かなりの事件数が割り振られております)

%e3%82%ab%e3%83%a1%e3%83%a9%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%ab-0661

お問い合わせ

ご相談のご予約受付時間  9:00~17:00

メールでのご予約
0565-42-4490