トップページ > ブログ

ごあいさつ

いじめ防止授業

こんにちは。
豊田シティ法律事務所の弁護士米田聖志です。

ちょっと前に、滋賀県の弁護士によるいじめ防止授業で、「この中にも同性愛者がいる」と発言した弁護士に対し、マスコミをはじめバッシングがありました。

愛知県弁護士会西三河支部でも、中学校で「いじめ防止授業」を弁護士が行ってます。
大体若手から中堅の弁護士なので、この発言した弁護士も若手なのかなと思います(たしか女性だった記憶が)。
マスコミが問題視したのは、「100人に1人が同性愛者なので、この中にもいる」という発言。
学校側も「発言が当事者探しを誘発し、いじめを助長する懸念があるとして、保護者に文書で説明する予定」とのことですが、ちょっとおかしくないですかね?
この女性弁護士は、確率論をいっただけで、この中学校に必ずいるという趣旨ではないでしょう。

滋賀県弁護士会の竹下副会長は「性の多様性についての授業をしているかどうかを認識しないまま、いきなりそうした話をした。小学校の5、6年生を相手にしての授業であり、理解してもらうための前提を欠いた状態で発言したことについて、配慮を欠いたと共同通信の取材に話した」と説明した。
という弁明をしていますが、授業の有無なんか関係ないでしょう。

いじめは、例えば変わった人に対して行われたりします。いじめ授業は、いろんな人がいるけれども差別は良くないということを教える授業なわけで、その「いろんな人」というものの一例として同性愛を挙げたにすぎないと思います。

違うから、人は人を想う

JTのCMです。
このCMは本当そうだなぁと思わされますが、「デコボコがはまれば、楽しいね」とかいうフレーズもドキッとしたり、考えさせられます。
いろんな人がいて、それぞれ違うから人は人を想うのであり、違うことは個性であり、皆と同じでなくていいんだということを若い世代には教えないといけない。

マスコミもそうですし、学校もその逆をやってる気がします。

この発言を問題視している人こそが「同性愛者であることはいじめられる原因だ」と考えていることをわかった方がいいですよね。
全く問題がない発言だと思うし、学校側の対応はちょっとおかしいなと思うのは自分だけでしょうか。

自分も次にいく中学校では、「世の中にはいろんな人がいる。LGBTと言われる性の問題もそうだし、見た目もそうだし、性格も考え方もそうだし」ということをきちんと伝えようと思います。

就職情報サイト「リクナビ」問題から見えてきたこと

こんにちは。
豊田シティ法律事務所の弁護士米田聖志です。

ちょっと前にリクナビ問題がニュースを賑わしました。
すなわち、《就職情報サイト「リクナビ」を運営するリクルートキャリアが、就活登録学生の同意を得ずにAIを使って予測した「内定辞退率」を取引先の38社に販売していた問題》で、政府の「個人情報保護委員会」は、8月26日、リクルートキャリアに「是正勧告」を出しました。

同社の<個人情報の取り扱い>がずさんで修正する体制もなかったと判断し、「個人情報を扱う企業」として適切な体制整備と再発防止策を求め、9月30日までの「報告」を求めました。
問題視されたのは、リクルートキャリアが展開する「リクナビDMPフォロー」と呼ぶサービスです。

学生のリクナビ上の<閲覧記録>などを解析して「内定辞退率」を算出し、企業に1社あたり年間400万~500万円で提供していたとされています。さらに約8千人の利用者のデータを“同意を得ず”に第三者に提供したことなどが、『個人情報保護法』違反にあたると判断されたのです。同委員会が問題視したのは、下記の3点です。

① 約8千人の登録学生の“同意を得ず”に顧客企業に個人情報を販売したこと。
(←*『個人情報保護法』は、本人の同意なしに個人情報を第三者に提供することを禁じています)
② 同意を得ていた利用者(約75,000人)に対しても「利用目的」などの説明が不足していたこと<*1> 。
③ 7月に「個人情報保護委員会」から指摘を受けるまで状況を放置していた会社の管理体制の不備。

<*1> 説明が不足していた
リクルートキャリアは、サイト利用規約に「採用活動補助のため、利用企業に情報提供することがある」と記載しているとして、<登録者の同意を得ていた>と主張しましたが、この説明から利用者が納得するのは難しいと思われます。

東京労働局も8月上旬、同社に調査に入りました。
『職業安定法』の指針は、<個人情報の適切な管理>を求めており、違反があれば所管の厚生労働大臣による「行政指導」が行われます。

今回のケースは、学生側から同意を得たか否かにかかわらず、同法が禁ずる「特別な理由のない、個人情報の外部への提供にあたる」と判断されたものです。
知らぬ間に集められたデータで自分が“評価”され、自分たちの人生や社会が大きく左右される》という現実が今まさに起こっています。
このことについてようやく政府も本腰をあげるようになってきましたが、FBなどでも同じようなことが起こっています。

個人情報は、「指紋」と一緒という人もいるように、ネットの世界では気づかないうちに自分たちの情報が丸裸にされている現実には、今後気を付けていきたいですね。

弁護士メディカルコース応用編

こんにちは。
豊田シティ法律事務所の弁護士米田聖志です。

今週末は東京に来てます。
というのも交通事故をはじめとする損害賠償分野の業務にとって、少しでもプラスになればと思い、東京で弁護士メディカル応用コースを受講しています。
昨年末の基礎編に続き、応用編としての受講です。
多少基礎編とかぶる部分がありますが、復習になりますし、講師陣も違うので、かなり勉強になります。

何より一流の講師陣なので、大変わかりやすく、弁護士やるなら受けておいて損はないですね。

これで弁護士としてのスキルが高まったことは間違いありません。
この経験を、当事務所の依頼者に少しでも還元できたらと思います。

今日は最終日。頑張ります^ ^

福山へ

こんにちは。
豊田シティ法律事務所の弁護士米田聖志です。

先週末は、広島県の福山市に法事に行ってきました。
祖母の1周忌です。
昨年、亡くなった祖母ですが、もう1年もたったかという思いですね。

福山といっても、参列者は、愛知、横浜、東京と皆バラバラでした。
普段なかなか会えない親戚とも会えましたし、死についてもいろいろ考える機会となりました。

さて、去年も紹介したと思いますが、福山駅の目の前には、福山城があります。
石垣がかなり高く、壮大です。

いろいろ調べると、水野勝成が作った城みたいですね。
水野勝成といえば、刈谷のキャラクターで有名ですが、福山も縁があったのですね。

福山城は、今年令和の大普請といって400周年のイベントもやっているようです。
(城好きの自分ですが、日帰りだったため、のぞけず)

次来るのは、3回忌のときですね。

司法書士試験

こんにちは。
豊田シティ法律事務所の弁護士米田聖志です。

さて、「刑務所で隠れて勉強 司法書士に 元組員、挑戦7回で合格」というニュースを目にしました。
司法書士試験は、現在合格率3%。かなり難しいですね。

刑務所で隠れて勉強などできるのか疑問ですが、勉強は集中してやったんでしょうね。
夢を実現されたということで、自分も頑張ろうと思わせてくれました。頑張っている人をみると力が湧きますよね。

自分の中学校の友人も現在司法書士試験を猛勉強中です。
働きながらですが、がんばってます。
友人は、中学校で同じ野球部だったんですが、すごく野球がうまく、高校も私学四強に進学し、甲子園も出場した人です。
そんな彼が、現在司法書士を目指しているんですが、昔何かに集中した人の力ってすごいですよね。

また、勉強のやり方もかなり進化しているようで、自分が司法試験の勉強をしていた頃より、教材が発達しているように思いました。
例えば、講義などもスマホで聞けるので、通勤時間中に聞きながら通勤するなど、隙間時間も使えますし、どこでも勉強できる感じです。

弁護士業をやっていても、不動産売買の決済や所有権移転登記などの仕事で司法書士さんと仕事をすることがあります。
司法書士試験に合格したら、一緒に仕事ができるのを楽しみにしながら、見守っています。

古い投稿へ

お問い合わせ

ご相談のご予約受付時間  9:00~17:00

メールでのご予約
0565-42-4490