トップページ > ブログ

ごあいさつ

自転車に少額違反金 取り締まりの新制度創設へ 14歳以上検討

こんにちは。
豊田シティ法律事務所の弁護士米田聖志です。

毎日新聞より。
自転車に少額違反金が課せられることになりそうです。

警察庁の有識者検討会は15日、自転車運転の取り締まりについて、新たな違反金制度の創設を求める中間報告書をまとめたようです。
自転車運転が摘発されても起訴される割合が極めて低い現状を踏まえ、少額の違反金を支払わせる枠組みを作ることで、多くの違反者の責任を問うことを求めたとのこと。

警察庁は新制度の創設に向け、道路交通法の改正を視野に検討を始めます。
検討会は立ち乗り二輪車「電動キックスケーター」などの普及で交通環境が複雑になることを見据え、自転車の違反者に対する取り締まり強化の必要性を指摘しています。

新制度では交通違反をした自転車の運転者に違反金の支払いを求めるようです(刑事罰とはせず、前科はつかない)。
対象は14歳以上を目安に検討し、運転免許証やマイナンバーカード、学生証といった身分証明書などで本人確認する見込み。
自転車には運転免許制度がないため、車やバイクのような点数制度は作らないということで、そこは仕方ないでしょうね。

警察は2006年以降、信号無視など悪質な自転車運転の摘発を強化しており、20年の摘発は2万5465件で06年と比べて約40倍超に増加。
摘発の際は大半のケースで刑事手続きに入ることを示す「交通切符」(赤切符)を交付。検察が略式起訴すれば裁判所が罰金などを科しているようですが、道交法違反罪で実際に起訴されるのは1~2%にとどまるようです(罰金となれば前科として残るため、検察側は極めて悪質な違反以外は他の刑罰とのバランスを考慮し、起訴することに消極的になっているとみられます)。

車やバイクと異なり、自転車には「交通反則切符」(青切符)の制度がないので、これまで狭間の問題として放置されてきた感があります。
車やバイクの場合、一時停止をしないなど比較的軽い違反をすれば、青切符を切られて反則金の納付を求められるが、刑事罰ではないため納付すれば前科はつかない仕組みになっていて、有効に機能しているように思います。

報告書は赤切符の制度による自転車の取り締まりについて「刑罰的な責任追及が著しく不十分なものにとどまっている」と指摘。現在の制度に代わるものとして「少額の違反金など、違反の抑止のために実効性のある方法を検討すべきだ」と訴えていて、いよいよ本格化してきそうです。

自転車による交通事故で高額な賠償金が発生する事例も増えてきています。
保険に入ってないことで、後悔するケースも増えているように思いますし、保険という事後的な対応だけでなく、予防的な対応が必要で、今回の流れは予防的な面ですね。

自分も自転車に乗るので、気を付けて運転したいと思います。

喫茶店の日

こんにちは。
豊田シティ法律事務所の弁護士米田聖志です。

本日、4月13日は、喫茶店の日だそうです。
1888年のこの日、東京・下谷上野西黒門町に日本初のコーヒー専門店『可否茶館』が開店したことにちなんで制定されたようです。

同店はハイカラな洋館で、その1Fは、ビリヤード場で、2階が喫茶室だったそうですね。
当時牛乳が1杯2銭の時代で、コーヒーは(牛乳よりも安い)1銭5厘だったそうです。
値段が安すぎて、利益が出なかったのか、喫茶店の認識が薄く顧客が少なかったのか、残念ながら5年に閉店してしまったそうです。
(カフェなどを経営したいという人も多いですが、なかなか利益を出していくのは難しいと聞きます。)

近年、タリーズ、スターバックス、ドトールなどのコーヒー・チェーン店におされ、喫茶店が少なくなってしまっています。
喫茶店と言えば名古屋といわれますが、その名古屋でも入りたいと思える喫茶店が少なくなっていますね。結局コメダとかの大手に入ってしまう自分がいますし、示談などの仕事で使うときも結局コメダが多いです。

ただ、喫茶店は、ゆったりとした雰囲気のところが多く、喫煙者がよく利用するので、たばこを吸わない自分には、煙が充満した、あの臭いがなんとも受け入れがたい面もあるのは事実です。
分煙がしっかりしているコメダなどになってしまう理由は、そういうこともあるかなと思います。

自分の親は、朝喫茶店へいってモーニングを食べながら新聞を読むなどしていますが、そういう場所として残っていってほしいですね。

意外な交通違反

こんにちは。
豊田シティ法律事務所の弁護士米田聖志です。

さて、意外な交通違反3点というニュースをみました。
その中身をみてみると、

 

①停留所から発車しようとする路線バスの前へギリギリ入れた

乗合自動車発進妨害違反
違反点数:1点 反則金:6000円(普通車)

乗降中の路線バス。右ウインカーが出ていたけど、対向車も来ていないのでアクセルを踏み足し追い越した…。それ、交通違反です。道路交通法第31条の2項に、「停留所のバスが発進するため方向指示器で合図した場合、その後方の車両はバスの進路を妨げてはいけない」という規定がある(停止した直後でないかぎり、発進まで待つ(譲る)くらいの余裕があるほうがカッコいいですが、タイミングが難しいのも確か)

 

②追いつかれた後続車に抜かれないように加速した

ほかの車両に追いつかれた車両の義務違反
違反点数:1点 反則金:6000円(普通車)

次第に大きくなる、ルームミラー越しの後続車。「そう簡単に抜かせてたまるか」とアクセルを踏んだ。これも道路交通法第27条の「他の車輌に追いつかれた車両の義務」に違反する。進行後方の車両が自車に追いつき、追い越しを始めた場合には、その追い越しが完了するまで速度を上げてはいけない。

 

③コンビニの駐車場にカギを付けたままクルマを止めて買い物をした

公安委員会厳守事項違反
違反点数:なし 反則金:6000円(普通車)

治安が比較的よいとされる日本では珍しくない光景だが、でもこれ交通違反。道路交通法の第71条に「クルマを離れるときは他人に無断で運転されることがないようにするため必要な措置を取ること」と明記されている。カギの付けっぱなし、エンジンのかけっぱなしのほか、窓の開けっぱなし(全開)も違反の対象。

 

個人的には、①②については、交通事故の裁判などわかっていましたが、上記③については全く知らなかったです。
あおり運転を撲滅するためには、上記②の存在を認識する必要があるように思います。
こういうちょっとしたところから、感情が高ぶり、攻撃性を増すと思われるので。

上記③についても、幸い自分は鍵を付けっぱなし、エンジンつけっぱなしでコンビニで買い物することはないですが、よくコンビニでこういう状態の車を見ますね。違反になると知ってなおさら気を付けないといけないですね。

マイナンバーカードの健康検証利用について

こんにちは。
豊田シティ法律事務所の弁護士米田聖志です。

令和3年3月からマイナンバーカードを健康保険被保険者証(以下、健康保険証)として利用できる制度がスタートします。

医療機関に設置されるカードリーダーでマイナンバーカードの「顔写真」または「ICチップ内の電子証明書」を読み取り、健康保険の加入情報と照らし合わせて確認する方法で利用します(医療機関の窓口でマイナンバーそのものを入力することはありません)。

なお、カードリーダー等を設置していない医療機関の場合、マイナンバーカードによる手続きはできないため従来通り健康保険証を提示することになります。

手続方法としては、マイナンバーカードを健康保険証として利用するためには申込が必要です。利用の申込は、個人が随時マイナポータル、郵送、行政窓口等で行います。

企業としてマイナンバーカード作成、並びに健康保険証利用を義務付けることは求められていませんが、メリットもありますので、メリットを伝えた上で制度利用を推奨していった方が良いでしょう。

マイナンバー制は、デジタル化には不可欠ですので、デジタル庁創設などの流れでどんどん進んでいくでしょうね。

 

【健康保険証利用のメリット】
1.転職時の空白期間が減らせる
マイナンバーカードを使えば、就職や転職した時も健康保険証の切り替えを待たずに受診できます。ただし、協会けんぽなど保険者に資格情報が登録されている必要がありますので、企業などによる資格取得手続きが必要であることに変わりはありません。

 

2.限度額適用認定申請が不要になる
マイナンバーカードによる受診の場合、限度額適用認定証がなくても、高額療養費制度における限度額以上の支払いが免除されます。手術などで医療費が高額になったときには便利でしょう。

 

3.医療費控除の確認
マイナポータルを活用して、自分の医療費情報を確認できるようになります(令和3年10月予定)。また、令和3年分所得税の確定申告から、医療費控除の手続きで、マイナポータルを通じて自動入力が可能になる予定です。

マンボウ

こんにちは。
豊田シティ法律事務所の弁護士米田聖志です。

東海テレビニュースより、マンボウことまん延防止等重点措置の要請を週明けにも愛知県知事が考えているとのニュースがありました。

ニュースによると、愛知県では9日、新たに172人に新型コロナウイルスの感染が確認されています。
感染が判明したのは10歳未満から90代の172人で、愛知県の1日に確認された新規感染者数は、4日続けて100人を超えています。
(内訳は名古屋市が57人、豊田市が27人、一宮市が10人など)

名古屋市では、入院していた70代から80代の高齢者3人が死亡したことも発表され、県内の死者は600人となりました。

大村知事は9日の会見で、感染は4月に入って急拡大していて、3月とは明らかに水準が違うとして「第4波と言わざるを得ない」との認識を示しました。

新規感染者数や入院者数はステージ3相当に近づいていますが、大村知事はまん延防止等重点措置の要請については「週末の数値を見て週明けに判断したい」と述べました。

豊田市の某製造業の47人のクラスターといい、今日の27人といい、多いですね。
豊田市は名古屋への流入も多いですし、数は今後も予断を許さない状態でしょうね。

当事務所も近くZOOM相談などを導入する予定ですが、できる限りの対応をしたいところです。

古い投稿へ

お問い合わせ

ご相談のご予約受付時間  9:00~17:00

メールでのご予約
0565-42-4490