トップページ > ブログ > ネットの書き込み等

ごあいさつ

ネットの書き込み等

こんにちは。
豊田シティ法律事務所の弁護士米田聖志です。

最近、ニュースなどで「●●を1週間以内に殺害する」とか「●●は賞味期限切れの食材を客に出している」といった書き込みをしたとか聞きます。
眞子様のフィアンセ?の母親の金銭トラブルなども事実だったり事実でなかったりいろいろ出てますね。

ネットは気軽にできるのですが、気を付けないといけない面もたくさんあります。
例えば、上記の書き込みは、脅迫罪や偽計業務妨害罪に該当し、犯罪になりえますし、私人に対する書き込みは名誉棄損にもあたりえます(眞子様のケースは名誉棄損にはならないと思いますが)。

破産事件でも、ネットでみつけた競馬必勝法にお金を払い、競馬で大負けしたとかいう事例も経験ありますし、携帯電話を契約してネット上のあるところへ送るとお小遣い程度のお金をもらえたはいいが携帯電話料金が払えなくなり破産となったり、けっこう怖いです。

ネットは、炎上とかもあるように、不特定多数の人が利用していることを意識したうえで、慎重に利用したいですね。
写真などを掲示板などにのせたりすると、消すことが困難になったりもしますので、注意が必要です。

画像もフリーだと思って使っていたら、著作権侵害だとして請求がきたりという相談もありました。
ネットは便利ですが、怖いことも多いので、気を付けて利用したいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

お問い合わせ

ご相談のご予約受付時間  9:00~17:00

メールでのご予約
0565-42-4490