トップページ > ブログ > お茶で新型コロナ無害化

ごあいさつ

お茶で新型コロナ無害化

こんにちは。
豊田シティ法律事務所の弁護士米田聖志です。

さて、奈良県立医科大学(同県橿原市)は11月27日、新型コロナウイルスが市販のお茶によって無害化する効果を確認したと発表したようです(産経ニュースより)。

基礎研究段階で人での効果は未確認なようですが、試験管内でウイルスが1分間お茶に触れることで最大99%が感染力を失っており、感染対策の一つとして期待されています。
商品により効果に差があり、メーカーの許可を得て商品名の公表を検討するとしているようですが、まだそこまで期待できる状況ではなさそう。

実験は同大の矢野寿一教授(微生物感染症学)の研究チームが実施。
実験ではペットボトル入りの緑茶や紅茶など約10商品を使用。
試験管内でウイルスとお茶を混ぜ、経過時間ごとの感染力を持ったウイルスの量を検査したようです。

記事によると、最も効果が高かったのは茶葉から淹(い)れた紅茶で、感染力のあるウイルスは1分間で100分の1、10分間で千分の1以下にまで減少したとのこと。
矢野教授は、人への効果について「可能性の段階」とした上で、「インフルエンザでカテキンの効果は確認されており、お茶を飲むことで同じような効果が期待される」と話しました。
矢野教授によると、カテキンはインフルエンザウイルスなどの表面にある突起状のタンパク質に付着し、感染力をなくすことが確認されており、新型コロナでも同様の効果が推測されるといいます。

カテキンの入ったお茶は、よく飲んでいるので、少し気休めになりましたし、これからも意図的に飲んでいこうと思いました。

ただ、このニュース、依然大阪府の吉村知事が言った、「イソジンうがい薬」の話とだぶって聞こえます。
信じるか、信じないかのレベルだと思いますので、あまり鵜呑みにはしない方がよさそうですね。

さて、今日髙橋大輔選手がアイスダンスに挑戦して試合を行ったニュースがありましたが、「3位になりました」という言い方なので、けっこう頑張ったなと思ったら、エントリーが3組だったとのこと。
「ドベだった」と伝えるのか、「3位になった」と伝えるのか、同じ事実でも捉え方がかなり違います。
ニュースの見出しも新聞によって伝え方が異なっており、データなど客観的な事実は何かと自分なりに掴んでおかないと、判断を誤る可能性がありますね。
普段のニュースについても、しっかり情報収集をして、冷静な見方をしておきたいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

お問い合わせ

ご相談のご予約受付時間  9:00~17:00

メールでのご予約
0565-42-4490