トップページ > ブログ > 麒麟版本能寺の変

ごあいさつ

麒麟版本能寺の変

こんにちは。
豊田シティ法律事務所の弁護士米田聖志です。

さて、本日のニュースで、「麒麟がくる」の最大の山場「本能寺の変」が最終回で描かれることが発表されました。
山崎の合戦や変後の細川家や筒井家とのやり取りは、ないかあってもサラッとという感じでしょうね。

光秀は、ほぼ平社員から重役まで取り立ててくれた信長に感謝をしていた面も大きいですし、そういう記録もあります。また、延暦寺で女、子どもは逃がした設定に大河ではなっていましたが、「ノリノリで虐殺した」ように読める記録もあります(光秀がその後坂本城を拝領したことから考えると、ノリノリで女、子どもも虐殺したのではないかと考えてしまいます。光秀は敵方の諸将を皆殺しにした、という記録もあり、今回の大河のような人物とは違ったのかなと個人的には思っています)。

したがって、個人的には、光秀は「恩を仇で返した人物」という感じですね。
足利将軍家に最後まで尽くした三渕氏か織田信長にかけた細川藤孝か、どちらも筋が通っていると思います。
光秀は、織田信長にかけておきながら、途中で暗殺するのですから、個人的にはあまり評価できません(信長が許せないのであれば足利将軍に最後までついていけばよかったのに、と思ってしまいますね。途中で気持ちが変わったとしても、人物を見抜く力がないということになるのかなと思います。細川藤孝は、光秀に協力しなかったことから、ブレはないといえますし、三渕氏は最後まで将軍に従ってそれぞれ筋が通っています)。

今回、平蜘蛛をめぐるストーリーは、少し強引かなと思うところはあるのですが、「松永久秀」をキーマンにしたことは面白いですね。松永久秀が仕組んだとして考えても、秀吉や信長が松永久秀の行動を見張っていることになりますが、出来すぎのような気もします(特に、秀吉って中国方面の戦略でそれどころではなかったはず。軍師官兵衛を思い出すと、そんなことも思ったりします)。

本日、同時に最終回の本能寺へ向かうワンシーンのカットも発表されています。
光秀の覚悟の表情がまたシビれますね。

あと、今日の夜を含めて4回。
楽しみです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • calendar

    2023年1月
    « 12月    
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031  
  • categories

  • selected entries

  • archives

  • profile

    豊田シティ法律事務所
  • メタ情報

  • mobile

    QRコード
  • お問い合わせ

    ご相談のご予約受付時間  9:00~17:00

    メールでのご予約
    0565-42-4490