トップページ > ブログ > カフェラテなみなみ注ぎ窃盗疑いで男を逮捕

ごあいさつ

カフェラテなみなみ注ぎ窃盗疑いで男を逮捕

こんにちは。
豊田シティ法律事務所の弁護士米田聖志です。

コンビニのセルフコーヒーマシンで、購入したコーヒーのカップサイズより多い量のカフェラテをなみなみと注いだとして、熊本県警は21日、窃盗容疑で熊本市の会計年度任用職員、柴山真広容疑者(60)=熊本県大津町杉水=を現行犯逮捕した、というニュースを発見(産経新聞ニュースより)。

「お金がもったいなかった。数カ月前から20回はやった」と容疑を認めているといいますが、額にして1000円程度(差額50円×20回)。
これで逮捕されるとは、割に合わないと思います。

逮捕容疑は21日午前9時半ごろ、熊本市中央区のコンビニで、コーヒーのレギュラーサイズ(100円)を購入したのに、カフェラテのラージサイズ(200円)の量を注ぎ盗んだというもの。
(コンビニ関係者から20日「度々被害にあっている」と相談があり、翌21日に店に行った警察官が、柴山容疑者の不正行為を直接確認して現行犯逮捕というわけです)。

はじめからラージサイズを注ごうとしていたのであれば詐欺の構成も可能だとは思いますが、「後で気が変わった」という言い訳(それだと無罪)になることを考え、万引(窃盗)としたのでしょうか。
万引きは、一回成功したら、成功体験をもとに二回目、三回目とやりたくなるもの。
そうすれば、いずれバレますので、最初からやらないに超したことはないと思います(ほとんどの万引きでの逮捕者は、過去に何回も万引きの成功体験があります)。

つい先日やった事件も、何度も万引きしていた人が店側からマークされていて、再度来店したところを声をかけ、逃げたところを押さえつけ、それでも逃げようとしてケガをさせた、という事件でした。
(逮捕容疑は、事後強盗致傷。裁判員裁判対象事件で相当重罪です。起訴は窃盗と傷害になりましたが、強盗致傷で起訴されても文句は言えない案件でした)

いずれにしろ、万引きは犯罪ですので、やめましょう。
今回の人も、成功したとき、コップからこぼれて汚れていたんでしょうね。店員からすれば掃除するわけですから、すぐバレますよね。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • calendar

    2022年12月
    « 11月    
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031  
  • categories

  • selected entries

  • archives

  • profile

    豊田シティ法律事務所
  • メタ情報

  • mobile

    QRコード
  • お問い合わせ

    ご相談のご予約受付時間  9:00~17:00

    メールでのご予約
    0565-42-4490