トップページ > ブログ > 三越豊田

ごあいさつ

三越豊田

こんにちは。
豊田シティ法律事務所の弁護士米田聖志です。

豊田市駅西口の大型商業ビル「T-FACE」A館のリニューアルオープンが先週ありました。

第1弾となる3月25日には、ホームセンターコーナンやスターバックスコーヒー、西三河地区初出店となる高級スーパー「成城石井」などが開業し、様子をみてきましたが、賑やかな感じで楽しみで、丸善の書店がかなり良さそうです。コーナンも駅前にホームセンターがなかったので、流行りそうですね。
読み聞かせや催しもできる「未来ラボステーション」やキッチンスタジオ、コワーキングスペースなどを設け、商業施設を使うことの価値提供を目指す、とあり、まだまだ可能性は広がりそうです。

今月下旬には、名古屋栄地区にある百貨店・名古屋三越の小型店「三越豊田」が開業します。
百貨店としての区画とテナントを併せ持ち、東海地方や三河初出店の食品や化粧品店も入居するとのこと。

最近岡崎イオンモールの一部に、「高島屋」が入ったニュースがありましたが、豊田には「三越」です。
どうなるか楽しみですね。

さて、今回のリニューアルで、テナントは既存の91店舗から三越豊田を含め50店舗が加わり141店舗となるほか、名鉄豊田市駅・愛知環状鉄道新豊田市駅を結ぶペデストリアンデッキやバスターミナルと直結する1・2階の北側には1カ所ずつ広い出入り口を増設し利便性向上を図るとのことで、今工事中ですが、これもかなり楽しみです。

本日、三越の方が当事務所にも営業にみえました。
いろいろ説明してもらいましたが、松坂屋が撤退した後、三越が根付いてくれると嬉しいですね。

さtれ、デパート業界の人がよく口にする「ひと雨15%の法則」を聞いたことがあるでしょうか。
「ひと雨15%」とは、「ひと雨降ると、客足が15%落ちる」という意味のようです。

たとえば都心の大型デパートなら1日2万人は集客するのですが、雨が降っただけで3000人も減ってしまうとのこと。
客1人が平均3000円使うと想定すれば、1日で900万円もの売上の減少になります。

雨の影響はそれだけにとどまらず、翌日に持ち越せない生鮮食品は、売れ残れば廃棄処分にするしかないので、雨がデパートやスーパーに与える損失は想像以上に大きいようです。

三越豊田は、ペデストリアンデッキで豊田市駅から傘無しで行けることから、「ひと雨15%の法則」は適用されない、ということも・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • calendar

    2022年5月
    « 4月    
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031  
  • categories

  • selected entries

  • archives

  • profile

    豊田シティ法律事務所
  • メタ情報

  • mobile

    QRコード
  • お問い合わせ

    ご相談のご予約受付時間  9:00~17:00

    メールでのご予約
    0565-42-4490