トップページ > ブログ > 伊達政宗

ごあいさつ

伊達政宗

こんにちは。
豊田シティ法律事務所の弁護士米田聖志です。

私は、戦国時代の小説が好きで、戦国ファンです。
なかでも一番好きなのが「伊達政宗」。

儒教で、人が常に守るべき5つの項目として五徳というものがあり、武士道の基本ともなっている教えです。

・仁・・・思いやりや優しさ
・義・・・自分の利益にとらわれず正しい行いをして筋を通す事
・礼・・・礼儀作法や相手に対する敬意
・智・・・知識や経験を積み、正しい判断を下すこと。洞察力。
・信・・・人を信頼し、誠実であること

これらは、現代を生きる私たちも心に刻んで実践したいと思う教えですが、伊達政宗は少し違った角度からこの五徳をみています。伊達政宗は、自分の経験を踏まえてこの五徳を次のように表現しています。

・仁に過ぎれば弱くなる(相手を思いやり、優しくすぎれば自分が弱くなってしまう)
・義に過ぎれば固くなる(筋を通そうと正しい行いばかり囚われては融通がきかなくなり、柔軟な対応ができない)
・礼に過ぎれば諂い(へつらい)となる(礼儀正しさが過ぎれば、嫌味となり失礼である)
・智に過ぎれば嘘をつく(知識や経験が増え利口になると嘘をつくようになる)
・信に過ぎれば損をする(他人を信じすぎれば損をしてしまう)

結局は、何事もバランスが大事。
法律事務所に相談に来られる方のなかには、本当に人柄が素晴らしいと思う人がいるんですが、やはり人を信頼しすぎたり、かわいそうと思って手助けした結果騙されてしまったりしてしまう人もいます(振込め詐欺の被害者のご老人等)。

やはり世の中バランスが大事。ただ、それはすごい難しいことです(学校では五徳のような考えは教わりますが、どうバランスをとっていくかということは教わりません。)。
自分を客観視できてこそバランスを語れると思っています。そして、人は人から学ぶと思います。人との出会いでいろいろなことを学びます。

人との出会いを生かすためには、自分も相応に磨いておかねば相手にされません。その意味で人間一生勉強だと思います。
弁護士は、依頼者の方に学ぶことも多いですし、事件後顧問契約を締結して継続的なパートナーになった会社もあります。やはりうちの事務所を選んでいただいたのもひとつの縁であり、ひとつひとつの案件に全力であたり依頼者の最大限の利益を目指す、それが大事だなぁと思ったりします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

お問い合わせ

ご相談のご予約受付時間  9:00~17:00

メールでのご予約
0565-42-4490