トップページ > ブログ > 日弁連野球の結果について

ごあいさつ

日弁連野球の結果について

こんにちは。
豊田シティ法律事務所の弁護士米田聖志です。

いよいよ今年もあと少しですね。
個人的に、年末を感じさせる出来事といえば、日弁連野球全国大会です。

予選を突破した7チームと開催地の1チーム計8チームがトーナメント方式で試合を行います。

わが名古屋チームは、準々決勝:大阪チーム(優勝候補)2-1で〇、準決勝:福岡チーム5-1で〇、決勝:京都チーム2-3×で●、という結果で、残念ながら準優勝でした。

連覇を目指して一年間やってきただけに、非常に悔やまれます(最終回まで2-0で勝っていました)。
敗因を分析して、来年の優勝に向けて再度頑張っていかなければいけませんね。

ちなみに、夜に懇親会があるのですが、今年のゲストは川崎憲二郎さんでした。
中日にもなじみのある方で、トークもうまくて、とても楽しいひとときでした。

この日弁連野球が終わると、いよいよ年末といった感じがしますね。
あと一年やり残したことがないか、振り返ってみようと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

お問い合わせ

ご相談のご予約受付時間  9:00~17:00

メールでのご予約
0565-42-4490