トップページ > ブログ > 一番大好きな武将

ごあいさつ

一番大好きな武将

こんにちは。
豊田シティ法律事務所の弁護士米田聖志です。

突然ですが、「仁・義・礼・智・信」という言葉を聞いたことがありますか?
儒教では人が常に守るべき五つの項目としてこの五徳があり、武士道にもこの考えが取り入れられています。

仁・・・思いやりや優しさ、人を慈しむ心。
義・・・自分の利益にとらわれず正しい行いをして筋を通す事。
礼・・・礼儀作法や相手に対する敬意。
智・・・知識や経験で積み、正しい判断を下すこと。洞察力。
信・・・人を信頼し、誠実である事。

ストレートに解釈するとこのようになり、これらを意識しながら暮らすことが重要ということになるのですが、伊達政宗は少し違った角度からこの五徳を見ています。

この『仁・義・礼・智・信』という五徳、政宗がは自身の経験を踏まえて下記のように表現しています(政宗の名言「五常訓」)。

仁に過ぎれば弱くなる。
義に過ぎれば固くなる。
礼に過ぎれば諂(へつらい)いとなる。
智に過ぎれば嘘をつく。
信に過ぎれば損をする。

これは五常訓と呼ばれるものですが、政宗は五徳は大事でも、全てが行き過ぎてしまうと害になると独自の視点から教えてくれています。

相手を思いやり、優しくしすぎれば自分が弱くなってしまう。
筋を通そうと正しい行いばかりに囚われては融通がきかなくなり、柔軟な対応ができない。
礼儀正しさが過ぎれば、嫌味となり逆に失礼である。
知識や経験が増え利口になると嘘をつくようになる。
他人を信じすぎれば損をしてしまう。

結局はバランスが大事。
現代の世の中でもそうですよね。自分は「こう」とか決めつけずに、その時々の状況をみて行動する。
私が、一番大好きな戦国武将の伊達政宗ですが、やはり魅力がありますよね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

お問い合わせ

ご相談のご予約受付時間  9:00~17:00

メールでのご予約
0565-42-4490