トップページ > ブログ > 教員によるイジメ

ごあいさつ

教員によるイジメ

こんにちは。
豊田シティ法律事務所の弁護士米田聖志です。

最近、神戸市立東須磨小学校で、教員による教員に対するイジメがニュースで明らかになりました。
そこで、最近加害者教員からコメントが出ました。そこで、2人のコメントに注目してみると。

【30代男性教員A】

 ここまで被害教員を大切に育ててこられたご家族の皆さま、このたびはこのようなあってはならない事態を引き起こしてしまい、大変申し訳ありません。ご家族の皆さまには直接お会いして、謝罪の辞を述べさせていただきたいと思います。

 東須磨小の保護者の皆さま、そして子どもたちに、おわびをしなければいけません。いけないことを教える立場の私が、加害者となり、混乱と不安を与えてしまうことになってしまいました。信頼を裏切ることになってしまったことを、深くおわびしたいと思います。本当に申し訳ありませんでした。

この加害教師は、事の重大さが伝わってきました。
「いけないことを教える立場の私が、加害者となり・・・」という部分ですよね。
こんな教師に自分の子供を預けたくないという保護者がほとんどだと思います。

40代女性教員】
 被害教員に対しては、ただ申し訳ないというしかありません。被害教員のご家族に画像を見せられ、入院までしている事実と、苦しんでいる事実を知りました。本当にそれまでは、被害教員には自分の思いがあって接していたつもりです。自分の行動が間違っていることに気付かず、彼が苦しんでいる姿を見ることは、かわいがってきただけに本当につらいです。どうなっているのかと、ずっと思っています。

この加害教師は、本当に反省しているのでしょうかね。
「被害教員には自分の思いがあって接していたつもりです」「彼が苦しんでいる姿を見ることは、かわいがってきただけに本当につらいです。どうなっているのかと、ずっと思っています」って、イジメをする中学生の「ふざけていただけ」といった言い訳とあまり変わらない気がします。

自分も地元の中学校にイジメ授業をしにいくことがありますが、「被害者が嫌だと思ったらイジメ」なんですよね。要するに被害者にとってどうか、です。
「どうなっているのかと、ずっと思っています」って、あなたの方が「どうなっているのか」という感じ。

教師だから人格者というわけではないですし、こういう教師が担任とかになったら子どもが悲劇です。
場合によっては、学校に行かない選択肢があってもいいと思うのは、こういうケースがありうるから。めぐり合わせで。

「かわいがってきた」のに、あの仕打ち?
本当におかしいとしか言いようがないです。どこにでも起こりうるのがイジメです。今度のイジメ授業でもしっかり訴えていこうと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

お問い合わせ

ご相談のご予約受付時間  9:00~17:00

メールでのご予約
0565-42-4490