トップページ > ブログ > 豊橋カレーうどん

ごあいさつ

2020 10月 5一覧

豊橋カレーうどん

こんにちは。
豊田シティ法律事務所の弁護士米田聖志です。

本日は、豊橋の裁判所で期日がありました。
豊橋というと片道1時間以上かかるので、大変なのですが、遠方の裁判所にいく場合は食事などを楽しみに行くことにしています。

豊橋というと、「豊橋カレーうどん」が有名ですね。
今日も、裁判所の帰りに「豊橋カレーうどん」を食べてきました。

地域おこしを目的に、2010年から市内の各うどん店で発売された豊橋のご当地カレーうどん。
その大きな特徴は、うどんの下に隠れたとろろご飯!カレーうどんの麺を食べた後、スープの中にご飯を入れて食べる人、多い用に思いますが、その食べ方を更に進化させた「豊橋カレーうどん」です。

豊橋市の観光コンベンション協会が、地域おこしを目的として、地元の麺類組合に開発を依頼して出来上がったのが「豊橋カレーうどん」です。「豊橋カレーうどん」であることの定義として、①うどん麺は自家製麺とする。②器の底から、ご飯、とろろ、カレーうどんの順に盛る。③日本一位の生産量を誇る「豊橋産のうずら卵」を具に使用する。④福神漬または壺漬け・紅しょうがを添える。⑤愛情を持って作る。という5つの条件さえクリアしていれば、あとはお店の自由。店ごとに個性的な「豊橋カレーうどん」を提供し、今では観光客も複数の店を食べ歩くほどの人気です。

「豊橋カレーうどん」の一番の特徴は、うどんの下にとろろご飯が隠れていること。カレーうどんの麺を食べ終わった後、ご飯を入れて食べるのは珍しくありませんが、とろろが入ることで一層まろやかな「カレーご飯」が食べられるというわけです。ウズラがまた美味しいですよね。

期日の後の食事だったので、14時を過ぎていましたが、観光客らしきカップルなども食べていましたし、食べ歩きクーポンとかあるんですね。
そんな話が聞こえてきました。
豊橋のカレーうどんはもうすっかり定着している気がしますが、まだ誕生して10年ということで、少しビックリです。

12月にも期日があるので、また「豊橋カレーうどん」を楽しみにして頑張りたいと思います。

お問い合わせ

ご相談のご予約受付時間  9:00~17:00

メールでのご予約
0565-42-4490